【看護師・夜勤過酷】看護師の夜勤はオーバーワーク

【看護師・夜勤過酷】看護師の夜勤はオーバーワーク
Pocket

今日はある日の夜勤を振り返り、過酷さをお知らせします

私は看護師でしか働いたことがないので他の3交代勤務のある職業の夜勤についてはわかりませんが、看護師ほどマンパワーが足りない夜勤はないんじゃないだろうかと思います。

過酷な深夜勤

業務内容

深夜勤は1時~9時までの勤務時間になります

0時:出勤して情報収集

0時30分~申し送りを受ける

1時:巡回

  巡回後翌日の検査の準備やサマリーの記載

3時:巡回、おむつ交換、体位変換

4時:休憩

5時:朝の巡回、洗顔介助、おむつ交換、バイタルサイン測定

8時:朝食配膳

8時30分~申し送り

9時:勤務終了

基本の業務時間はこのようになっています。

しかしこの間に常に患者さんからのナースコールで呼ばれたり、点滴の交換にまわったりと決して空白の時間があるわけではありません。

業務体制

現在は深夜期は3人体制で、1人フリーで動ける看護師と、あとは1人20人~30人の患者さんの状態を把握し対応する看護師が2人です。

基本は3人でフリー看護師が朝になると採血に回りながらナースコール対応も出来る範囲でしてくれます。

ある日のこと

私の看護師人生1・2を争うほど忙しかった深夜勤のお話です

その当時はまだ深夜勤が2人体制でした。

考えられますか?60人近くの患者さんをたった2人で診る。

ストレス半端ないです。そりゃ休む暇なんてないですよね、休む暇もなく10時間ほど働き続ける・・・・・

はっきり言って地獄です

3人でさえ余裕なんてないのに2人でよくやったなと思います。

ハプニング1

これは普通に日常あることですが、深夜帯4時頃だったでしょうか、救急外来から連絡が来て入院をお願いしますと。

普通の業務だけでもいっぱいなのに、消化器内科では割と24時間いつでも入院してくる患者さんがいます。

それは、お腹痛くて胆のう炎だったり、吐き気がすごくて衰弱している老人とか、熱が続いてて衰弱しているとか。

そういう疾患は仕方ないですよ、夜中でもいつでも病院に来てください。

しかし、中には日中まで待てるような状態で救急外来に来て、家には帰れないから入院させてくれっていう患者さんも中にはいます。

新しく入院することで、やらなくてはいけないことが沢山あります。医者からの指示を受けて、サインをもらう書類を準備したり、点滴の準備をしたり簡単ではないんですよ。

ハプニング2

次のハプニングは朝方5時に患者さんがベット横で倒れているというナースコール。

患者さんがベット以外に倒れているというだけでまず、ベットに戻し熱や血圧などのバイタルサインを測り外傷がないか体を確認して医者へ報告。

特に倒れていただけならば大きな問題ではないのですが、この日はこの患者さんが状態が悪くなっての、ベットへ戻れずのタイプでした。

その後徐々に呼吸状態が悪化していって呼吸が止まりそうになっていきました。

わかりますか?呼吸が止まるということは状態が悪くなっていくということです。そういう患者さんを助けるためにいろいろしなくてはいけませんでした。全力を尽くします。

常に看護師は患者さんの状態の急変がないかを注意しながら夜勤しています。

それでも突発的に起こることなので結構精神的にやられてしまいます。

Drへコールして来てもらって、人工呼吸器につながる準備をしながら、血圧も下がっているので、血圧を上げる注射を打ち、心臓が止まってしまったら心臓マッサージを行います。

それを他の患者さんのナースコールに対応しながら2人でするなんて不可能なことわかってもらえますか?

心臓マッサージを30分とか続けたらもう食事の時間です。もう配膳する気力も体力も残されていませんでした

その後

その急変の患者さんはお亡くなりになってしまいました。

そんなことも珍しくはないです病院では。

あとは申し送りが終わってから看護記録を30人分書いて死亡に関する書類を書いたりと残業は3時間、12時を迎えました。

急変などの時はきっとアドレナリンが出ているのでしょう、自分たち二人で何とかしなくてはいけないっていう気持ちが強いので、眠くなんかありませんが、申し送りが終わると一気に気が抜けてしまいます。

夜中ずっと動き続け、まともに休憩も取らずに働いていたので、安心感とともに眠気に襲われます。

それでも、居眠りをしていたら怒られたりしてしまうので何て理不尽なんでしょうw

まとめ

今では3人での深夜勤と業務が改善されましたので、いくらかいいですが、この時のようにハプニングが重なると全くマンパワーが足りないのはわかっていただけるでしょう。

もちろん私たち看護師は患者さんのためにいるのですから、何か用事があれば訴えてもらってもいいんです。

でも動けるのに食事を取りに来なかったり、買い物を頼んだり、ただ呼んだだけとかはっきりいってやめてください。

看護師カテゴリの最新記事