【光のお父さん・劇場版ファイナルファンタジーⅩⅣ】主題歌一つで興味が沸いた。

【光のお父さん・劇場版ファイナルファンタジーⅩⅣ】主題歌一つで興味が沸いた。
Pocket

今日は暖かいけど15時から仕事なので気分が乗りません。

昨日は3時に寝たので10時まで寝てしまいました。

昨日ブログ更新がハリになるというお話をしたばかりなのに、今日は気分が乗らないという全くのスランプを感じていました。

何個かテーマはあるんですけど、仕事までの短時間で書くには気分が乗らないどうしようかなと思っていました。

毎日パソコンの電源を入れてやることは、とりあえずYouTubeを開き更新されている動画を見ながら、ブログを開いて書いていくというスタイルです。

見るものがなければGLAYのチャンネルで音楽を聴きながら書いていると、とてもはかどりますw

YouTube開くとGLAYのチャンネルに更新のマークが出ていたので真っ先に開く私

本当に今の私は5割GLAY・5割家族へのモチベーションで出来ています。

TERUさんゲーム好き

GLAYのTERUさんはかなりのゲーム好きです。

モンハンやファイナルファンタジー14などのオンラインゲームをすごいやってます。

以前はTwitterとかですごいつぶやいていて、いつゲームするとか、これからPTを募集するとか頻回に出ていました。

ちょっといろいろTERUさんTwitterとかインスタとかでやらかしてしまうことが多く、現在は禁止されているのか、時々業務的な広告のみ流す程度になってしまいました。

ファンとしてはとても残念です。

光のお父さん

ファイナルファンタジー14を題材にした実写のドラマが以前放送されていました。

TBS系列で2017年に深夜ドラマで放送していたようです。

今はNetflixで見ることが出来るようなので、明日から見たいと思います。

プレイヤーのマイディーさんって方のブログの内容から実写化になったようです。

好きな内容のはずですが、なぜかしら今まで見ることがなくスルーしていました。

ドラマの主題歌・オープニングテーマにGLAY
「the other end of the globe」が使われたって事しか知りませんでした。

以前私はファイナルファンタジー11のオンラインにはまっている時期がありました。

丁度働きだして1~2年目あたりなのでもう18年くらい前でしょうか。

そのころは寝ても覚めてもファイナルファンタジー11で睡眠時間を削ってやっていたのを覚えています。

あの頃のオンラインゲームはレベル上げるのが一人では難しくパーティを組んで3時間でやっと1~2LV上がる程度のかなりきつい仕様でした。

5000時間くらいやったでしょうか、それでも中盤いける程度のレベルにしかなりませんでした。

そんな熱中していた時代に母の乳がんが発覚がありそのままフェードアウトとなりました。

オンラインゲームに熱中するのはとてもわかります。

こちらのドラマはお父さんとゲームをして絆を築いていくお話で、そのうちお父さんが病気で倒れるという内容の様です。

ちょっと自分がゲームばかりして母の病気に気付かなかった自分とかぶってしまいました。

本当にゲームは熱中できますが、それ以外の私生活を犠牲にしてまでやってはいけないと痛感しますw

劇場版 ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん

私の気分をぶち上げてくれたのがこちらですw

お父さん役の吉田鋼太郎さんも大好きです。映画見てないですけど、これは確実に泣くなって感じますw

たぶんGLAYファンだからなのかもしれませんが、1分39秒のSPOT動画を見ただけで、映画に興味が沸きました。

集客効果に思いっきりはまったのは初めてです。

53秒から流れてくるのがもちろん私の大好きなTERUさんの歌声。

この間の札幌のライブでも歌ってくれましたが7月2日に発売される新曲「COLORS」これがまた涙出ます。

一応ネット配信ではもう配信されているので気になる方はぜひ聞いてください。

完全なGLAYの回し者みたいですけど、それでもいいですwそれほど今の私の生活にはGLAYが欠かせないものになってしまいました。

公開は6月21日からです。丁度大阪にGLAYのライブに行っている時期なので、ちょっと落ち着いてから見に行きたいと思います。

音楽一つで人の心を切り替えてくれるって素敵ですね。

私は音痴なのでそんなことは不可能ですが、歌の上手い人をとカラオケに行くと本当に尊敬します。

TERUさんの歌声が一番ですけどね。

人見知り激しいですがGLAYのライブを見ているとあんなステージしてみたいなとか思っちゃいます。

ブログやTwitterで少しでも注目があると嬉しくなっちゃって、ファンの人が増えてくるとやりがいも、もっともっとあるんだろうなと感じています。

GLAYカテゴリの最新記事