【父の日・母の日】感謝は出来るうちに伝える

【父の日・母の日】感謝は出来るうちに伝える
Pocket

父の日でした。みなさんは両親との関係はどうでしょうか?

さまざまなご家庭があるので、両親への思いもさまざまでしょう。

私の母はもう13年ほど前に乳がんで亡くなっています

そのころ私は結婚も考えていたので、結婚して12年になります。

正直母には何もしてあげられなかったという思いしかありません。

母は専業主婦で関わる時間はあったはずなのに、親孝行というものをする前に亡くなってしまいました。

働いてから5年ほどで闘病生活に入ったので、本当にどこにも連れて行ってあげることも出来ませんでいた。

ただただ、パチンコ屋さんに入り浸り、オンラインゲームをして時間を無駄にしていたと後悔ばかりです。

父は現在一人で暮らしています、幸い父の家の隣に家を新築したので、いつでも会える環境ではあります。

まだ、健康も問題なく67歳になりますが、ぼちぼち働きながら一人で暮らしています。

本当に男というものは、妻がいなくなったら衝撃が大きいですね。

父も何ともない風を装っていましたが、やっぱり寂しかったんだと思います。

私もきっと妻を先に亡くしてしまったらきっと生きていけないでしょう。

今は妻や子供たちがいるので、仕事も頑張り、少しでも収入をということでブログも始めましたがいなかったら頑張れていない事でしょう

感謝を伝える

私は無口で何もなければ喋らなくてもいいほどです。父が割と話すほうなので、外で顔を合わせれば少しの会話があります。

父は元大工だったので、家の周りの塀を作ってもらったり、物置を建ててもらったりと、自分では出来ないことをしてもらっています。

家の周りの草刈りもしてくれます。

どちらかというと私は外では何もしたくないタイプ、父は家の中では黙っていられないタイプで全く違います。

いつも家の周りのことを気づいたらやってくれています。

ここに引っ越して初めの頃は夕食を一緒に食べるのに呼んだりしていましたが、結局は気を遣うようで今では、おかずを持っていく程度になっています。

必ず忘れないようにしていることは、父の誕生日と父の日は何かプレゼントをしています。

そんな大したものではないのですが、私の気持ちを表現するのにはこれしかありません。

すっかり自分も父親になり子供たちも大きくなってきたので、親の気持ちもわかるようになってきました。

父には本当に心配をかけていたと思います。

なかなか素直に自分の気持ちを表せない、聞けないっていう関係が表現されているのが「光のお父さん」っていうドラマでした。

光のお父さんについての記事はこちら

6月21日から劇場版が放映されますので、ぜひ見に行ってみたいと思います。

興味を持ったのはもちろんGLAYのTERUさんがこのゲームをやっていて、主題歌もGLAY「COLORS」という新曲です。

この曲もお父さんとの関係についての歌詞だなと感じます。

父の日してもらいました

一応私も父親なんだなと感じさせられました。

下の娘は、母の日にも花を買いに行くと頑張って歩いて近くのスーパーまで行くほどイベントには敏感です。息子も一緒に行ってました。

父の日は、何をあげるのかわからないようでしたが、幼稚園時代に父の日に作ったものを思い出しながら昨日作ってくれていました。

折り紙で作ったネクタイとリボンにメッセージが書いてありました。

本当に子どもからのプレゼントっていうものには、すごいパワーが秘められています。作っている光景もニヤニヤして見てましたが、もらっただけで仕事頑張ろうって思えます。

本当に自分は家族のために働いていると再認識します。

どんなに嫌なことがあっても父親は仕事から逃げることは出来ない。

年金もらったとしてもそれで暮らしていける保証は今の日本にはありませんよね。死ぬまで働かなくてはいけないかもしれませんよね。

そんなこと考えたら今頑張るしかないです。

上の子はだんだん大きくなってきて5年生ですがまだ反抗期は来ていません。もしかしたら来ないのかなと思うくらい穏やかな子です。

イメージとしてくまのプーさんみたいな子ですw

2人とも寂しい思いをさせていますが、無事に大きくなってくれてありがとう、妻も疲れたと言いながら、フルタイムで働いてくれて、町内会やPTAの事もやり家事・育児と本当に自分の時間が全くないのに頑張ってくれています。どうもありがとう!

家族が一応父として感謝を伝えてくれて生きている意味を感じます。

私からも、いい機会なので家族へありがとうを伝える日にしたいと思います。

だんだんと父も高齢になってくるので、自分の出来ること、伝えられることはきちんと行動にしていかなくては、きっとまた後悔するでしょう。

本当に人間はいつどうなるかわかりません、事故に合うかもしれませんし、病気が見つかるかもしれません。

みなさんも感謝の気持ちがあるのであれば、しっかりと伝えることをお勧めします。後悔しても過去に戻ることは決して出来ません。

せっかく家族となったのだから、妻や子供たちへも最大限の愛情を表現出来たら最高ですね。

家族カテゴリの最新記事