Twitterフォロワーさん3000名突破の方法

Twitterフォロワーさん3000名突破の方法
Pocket

本日はついにTwitterのフォロワーさんが3000名を超えてくれましたので、そのお話です。

前回のTwitterの記事は7月6日でした。一か月ちょっと前ですね。

きちんと記事に残していると進歩状況がわかりやすくていいですね。

Twitterを本気でやり始めたのが5月の初めなので3か月ちょっとたちました。

ここ一か月で800名程のフォロワーさんが増えてくれています。

何なんでしょうこの感覚。毎日が楽しすぎる。

正直自分はかなりのマメ男だとは思っています。

Twitterでたくさんの方と関わるのが楽しくてしょうがありません。

毎日感謝ばかりです。こんな私にからんでくれて。

2か月以降したこと

正直この一か月で変わってやったことはあまりないと思いますが、noteの導入でしょうか。

以前noteで記事を書いて売りましたってお話しましたが未だに全く売れずじまいです。

このnoteは5月30日に書いていましたね。

全く他の記事も書かずいきなりこれだけ出したところで買ってもらえるわけがないんですよね。

その時は全く分かっていなかったです。ただお金もらいたいがためだけに出していました。

見てくださる方の事は何も考えていませんでしたね、今でしたらこんなもの出さないでしょうね。

一応6000字ほど頑張って書いたものなのでそのままにしておきますが、汚点になるかもしれませんw

正直このブログを始めたときには看護師分野の内容を押していこうと考えていたのですが、今はSNS関係やイラスト関係、家族についての内容が多くなってしまっています。

正直看護師の部分って人気出るかなっと思ってたんですが全くでしたね。

いろいろな裏部分をお話していますが、タイトルだけで読んでもらえるほど甘くなかったです。

まぁいまだに全くSEOを意識せずに書き続けている、読まれなくても書き続けているって私のメンタルは意外とダイヤモンドくらい硬いかもしれません。

話は戻りますが、イラストを作成して買ってもらうのにnoteの導入が意外とうまくいっているような気がします。

初めは割引価格で販売を初めまして夕方には限定がなくなってしまいました。

その後値上げとなってしまっているんですが、2週間ほどでコンスタントに買っていただいています。

こちらのnoteの活用がフォロワーさん獲得にいい影響を及ぼしているのは間違いないです。

今度フォロワーさんの獲得方法でnoteの方を販売してみたいと考えています。

興味のある人はいるでしょうか。

本当にひょんなことから始めたブログなんですが、ちょっとした工夫と今の時代SNSの最大活用をするってだけで思わぬ相乗効果をもたらしています。

そして私の場合はイラストも意外とクセがあって好評な部分も歯車が回りだした要因なのかなと思っています。

そして本日コミュ障の私がnoteで声出しもしましたw

この間拓さん @takusan_soudan からのインタビューでちょっとだけ声出しはしたのですが、1人で話すってどんなものかなと考えながらここ数日取ろうか取らないか足踏みしていました。

そして今日3000名フォロワーさんを超えることが出来ましたので、思い切って仕事帰りに車の中で話してみました。

正直恥ずかしさもあるんですが、結局本当の私を知る人は誰もいないし、きっと現実で近くにいる人は聞くこともないでしょうから、恥ずかしいなんて必要ないんだなと思いました。

意外と取ってみたら楽しかったですw

これもまたブログと一緒で自己満足ですが私のスタンスはそれでいいのかなと思っています。

あとはイラストをどんどん上達してもうちょっとだけ人気が出てくれたら、私の活動は終わりでもいいかもしれません。

まぁ妻を何とか専業主婦に出来るまで頑張るつもりですが、リアルでばれるほどになってしまうと、副業はきっと今の病院はダメなので、なかなか悩んでしまいます。

でもその時はその時ですよね、そこまでなるとは思えないので気にしても仕方ないかなと考え一応これからも音声は定期的にとって話してみようかなと考えています。

話下手なのですが、やってみると訓練になっていいのかもしれません。

ブログもTwitterもイラストも続けていくことですべて進化することが出来ているので一か月後には私の音声も進化してしまっているかもしれないですよw

よろしければ聞いてみてください。

お笑い芸人ではないので楽しいお話しているわけじゃないんですがいろいろな人のnoteの音声を聞くってすごく新鮮で中学生のころYouTubeもないころラジオを聞いていたなと思い出しました。

また1か月後Twitterやイラスト、音声がどうなっているか記事になるかもしれません。

ブログカテゴリの最新記事