看護師、忙しくても暇でもどっちも嫌説

看護師、忙しくても暇でもどっちも嫌説
Pocket

今日は看護師の仕事についてちょっとお話です。

看護師の夜勤が忙しいってお話は以前しました。

本当に忙しいときとそうでない時の差が激しいです。

忙しいときと普通の時かな。

忙しいとき

  • ナースコールがなりやまない
  • 入院依頼が止まらない
  • 検査がありすぎる
  • 処置が多すぎる
  • 排泄介助が多すぎる
  • 即対応必要な指示が多すぎる

忙しいときというのは、本当に朝から夕方までほとんど座れずに走り回っているということが多いです。

流れ作業のように次々と業務をこなし、患者さんと十分なコミュニケーションも取れず。

本当に看護師なんでやってるんだろうと思います。

入院患者さんの人数にも比例していますが、病棟が満杯になるくらい患者さんが多いともう看護師は足りません。

看護師も慢性的な人手不足。人手があってもきちんと成長させてあげる基盤がない。

何度もお話していますが、看護師の世界の闇はとても深いのです。

患者さんから平気でセクハラを受けたり、機嫌の悪い患者さんの相手をしなくちゃならなかったり。

先輩看護師からの圧倒的なプレッシャーを受けながら業務をしなくてはならない現実。

なかなか若い看護師が成長する環境が整っていないのがかわいそうです。

たぶんどこの病院でも同じような現実だと思います。

この意地悪看護師の連鎖を何とか出来ないだろうか?

何か出来るような活動に繋がればいいなとは思っていますがなかなか難しいでしょうね人見知りの私にはこれ以上は出来ないだろうw

連休の時には患者さんが減るというお話もしました。

連休が終わると、徐々に入院患者さんが増えてくるのは目に見えています。

きっと八月末には病棟は入院患者さんで一杯なんだろうなと予測できます。

忙しいときと暇な時のギャップが激しすぎるんですよね。

忙しくなると本当に毎日数時間の残業が当たり前になってしまいます。

決して手を抜いているわけではなくて手が回らなくなってしまうのです。

そんな生活に慣れてしまうと残業の3時間程度普通になってしまう。

毎日そんなに帰りが遅くなると完全にプライベートは終わります。

帰ってご飯食べてお風呂に入ったらもう寝る時間。

子供との遊ぶ時間もない。

家族のために働いているとはいえそんな生活望んでいるわけではありません。

暇なとき

暇なときは基本的にはありませんが、忙しいときと反対ですね。

  • ナースコールがならない(一番嬉しい)
  • 入院がこない
  • 検査が少ない
  • 処置も少ない
  • 排泄介助が少ない
  • 対応必要な指示も少ない

基本看護師に暇なんてないんです。

余裕があれば患者さんに対する援助がいくらでもあります。

お風呂に入れない患者さんの頭を洗ったり、足を洗ったり、爪を切ったり。いくらでもやることはあります。

本当ならばそこまで普段から充実して出来ることが、理想だと学生時代に実習から学んで来たはずなんです。

しかし実際働いてみるとこの現実。業務に追われ患者さんに対するケアが不足する。

それが病院なのか、他にもっとしっかり清潔援助など日常生活のケアが出来ている病院はあるのかもしれないけれど、どうだろうか。

そこまでやっていたら確実に日勤は日付をまたぐでしょう。そんな生活私は嫌なのです。

白衣を着たら看護師モードで働いてはいますが、家族をおろそかには絶対にしたくない。

看護師モードと言えばこの画像ってくらい有名になるといいなw

家族優先すると常々言って働いています。

そんな男、普通のサラリーマンでは通用しないかもしれませんが、女性の世界で働いているからこそ通用するのかもしれません。

本当に新人さんやこれから看護師を目指す方たちは大変な世界です。

沢山の罠がそこら中に仕掛けてあって、精神力も試されます。

もうあの朝から晩まで動き続けて、座れない地獄は本当に嫌です。

こんなんだもの離職率も高いですよ、みなさんが思っているより重労働で安月給。残業代でかさましされているだけです。

そんな生活を今の病棟に来て早10年続けさすがに限界かなと思い、5月からブログを始め、Twitterも3か月本気でやり始めました。世界が変わりつつあります。

来年には看護師してないかもしれません。

看護師をして20年ほど、何も考えずに家族のためにと必死で生きてきて失った光がちょっと見えてきたかもしれません。

今は、毎日ブログを書いてTwitterをアホのように見て、そんな生活が中心になりつつあります。

まだまだ私にお付き合いくださいw

看護師カテゴリの最新記事