「看護師・忙しい」戻ってきた日常、忙しさ全開になる、お盆はどこいったの?急性膵炎注意です

「看護師・忙しい」戻ってきた日常、忙しさ全開になる、お盆はどこいったの?急性膵炎注意です
Pocket

今日はお盆休みが終わって戻ってきた現実のお話です。

看護師はお盆休みはありません。

先週までは急に入院患者さんも少なくなって少しだけ楽だなぁっていう感じでした。

今週から患者さんが増えてきて、先週の倍近くになっちゃってます。

やっぱりお盆休みでたまたま患者さんが少なかっただけなんだなって消化器内科の現実に引き戻されました。

昨日今日と深夜勤だったので夜中必死で働いていました。

深夜勤は1時から9時までが一応定時となっています。

この生活を20年近くやってきていますが、本当に夜は普通に寝たいなって最近常々思います。

たぶん、老化なんでしょうねw

なんとかこんな生活をやめられるように今活動しています。

お盆休み終了

看護師にはお盆休みは関係ないです。病院も普通にやってます。

世間は9連休とかいって休みがあったようですが、何も関係ないです。

そのおかげか入院患者さんが少なかったわけなんですが、お盆が空けて4日ですっかり通常に戻りました。

このギャップが本当につらいです。

基本的には忙しく残業当たり前なんですが、たまに楽になると気が抜けちゃうんですよね。

年間で日勤残業なしで帰れる日なんて基本的に無いですからね。

毎日のように患者さんが10人近く入院してきて、退院はあまりないので病棟があふれてしまいます。

そして検査入院が多いので忙しくてたまりません。

お盆休み中にお酒を飲みすぎた人も多いのか急性膵炎で入院する患者さんも多いです。

休みで飲みすぎちゃうのは仕方ないですけどほどほどにしてください。

膵炎って本当に危険な病気ですから、最悪命が取られるほどの病状になることもあります。

急性膵炎とは

膵臓の急性の炎症で、他の臓器にまで影響をもたらす可能性のある疾患です

急性膵炎の2大原因は、アルコールと胆石となっていますが私はアルコールの飲みすぎで発症っていう人しか見たことないです。

急性膵炎の最も多い症状は、お腹の痛みですが背中まで痛みが広がり、黙って寝ているのが困難なほど痛がります。

その他に、嘔吐、発熱などの症状を伴うことが多く、状態が悪化すると、意識障害やショック状態など重症化することもあります。

痛みや熱、吐き気に対して随時症状を軽減できるようにお薬を使いますが、苦痛は2~3日続く人がとても多いです。

治療としては大量に点滴をして、とにかく尿量を確保するっていう感じです。

多い人は1日4Lほどの点滴をしてどんどん尿を出してもらいます。

特に一番はやっぱり腹痛が辛そうです。

他にもさまざまな消化器系の疾患を見てきましたが、1番と言っていいほどの腹痛なんだと感じます。

自分がなってないのでわかりませんが、胆石での腹痛よりつらそうに感じています。

そして痛い時には痛み止めを使いますが、使ったからといってすぐに良くなるわけでもなく数10分は絶えなくてはいけません。

その後はちょっとは痛みは治まるようですが、根本的な治療ではないので、また痛みが増強してきてのたうち回るその繰り返しが2日は続きますね。

すべての人がお酒を飲みすぎたからってなる病気ではないですので、完全に予防も難しいですがやっぱお酒はほどほどにですね。

中には何度も膵炎を繰り返すのに、お酒をやめないと死ぬよって言われていてもそれでもやめないで、何年かに一度膵炎になって入院する患者さんもいます。

あれだけの痛みを味わってまでもお酒はやめられないって考えられません。

忙しさマックス

やはり患者さんが増えるとそれだけ看護師を必要とされる可能性が増えるわけですから、必然的に看護師は忙しくなります。

それが仕事だろって言われたら何も言えませんが、許容できる、モチベーションを保つことが出来る範囲を容易に超えるほど忙しくなります。

忙しいのは看護師だけではないとは思います。

しかしこれほど命と直結に関わる仕事で忙しいのは看護師ですよね。

ちょっと間違ったら患者さんは死んじゃうかもしれない、状態が悪くなってしまうかもしれない。

そんな精神状態で1勤務8時間、精神を保つのは相当なパワーが必要になってきます。

座る時間もなく、患者さんに呼び続けられ、その合間に業務をこなしたり、好き放題言う医者の指示をこなしながら気づいたら数時間たってしまいます。

ある夜勤

昨日は夜勤でしたので12時位に病院について1時から働いてました。

行ってすぐに入院が来ますということで、その時点でもう普段の業務は圧迫されます。

入院患者さんが来るということはそこから点滴や採血など行い、記録物も入力しなくてはいけません。

その対応だけで3時になりそこから普段やらなくてはいけない業務をしてで4時です。

5時にはもう活動を開始しなくてはいけなかったので、実質休憩なしですね。

眠いし疲れたしとなったころ患者さんたちは起き始めるので今度は朝の業務を行います。

本当にこんな夜勤ばかり体がもちません。

看護師で定年まで夜勤しているって人もいますが本当に尊敬します。

そんなに働きたくないです。

何とか在宅での仕事が出来るようになりたいなぁ。

看護師カテゴリの最新記事