お店で食べるお好み焼きの作り方教えます!

お店で食べるお好み焼きの作り方教えます!
Pocket

私は昔からお好み焼きとかたこ焼きとか、粉もんって言われるものが大好きです。

母親が生きていたころ実家でもお好み焼きは出たことあったんですが、今思えばあれは広島焼でしたw

大人になってお店で食べるようになって違いが判りましたね。

まぁ結局はどっちも好きなんですが、大阪や広島の方が一緒ではないって言いますよねきっと。

どっちもおいしいです。

月に半分ほどは夕食の準備は私がしています。

得意料理はいろいろありますが、子供たちはやっぱり肉が好きですね。

自分もそうでしたね、子供の頃肉が出ないと不機嫌になって母に嫌な思いさせたなと思い出します。

今はもう母に感謝も、謝ることも出来ません。

我が家では比較的肉料理が多めになってしまいますね。

夕食の献立は先に決まっている時もあるんですが、眠すぎてどうしようもないって時は、スーパーに行って安いものがないか見ながらメニューを考えます。

そうなってくると結局は自分の食べたいものと作れる気力があるのかっていう選択になりますので、気力によってもメニューが変わっちゃいますw

お好み焼きにしようと決めるのも素材の安さを見るか、息子が食べたいって言ったときですかね。

私の影響か子供たちもお好み焼きとたこ焼きが大好きです。

スーパーで見ると豚バラブロックが割と休めだったので、じゃあお好み焼きにしようとキャベツを取りに戻りました。

まぁお肉は何でもいいんですがね、本当に子どもたちは豚バラが好きですねwそんなに油ばっかり食べたら逆流性食道炎になるぞ!

お好み焼き

  • キャベツ
  • お好み焼き粉(なんでもいいです)
  • 紅ショウガ
  • 揚げ玉
  • 長いも
  • 豚バラ

我が家のお好み焼きはこんなもんです。

キャベツはみじん切りにします。たぶん広島焼とかなら千切りなんでしょう。

ここで実家のお好み焼きと言っていたのは広島焼なんじゃ?って思いました。

どうやったらお店で出るお好み焼きに近づくか何度か工夫して現在の形に落ち着きました。

生地も割とゆるめで大丈夫です。長いもが入るので少しねばねばしてくれます。

粉300gに対して水600mlと卵1個、長芋くらいの分量です。

そのまま作ると大量になるので加減してくださいね

我が家では夕飯は6人で食べるので、中くらいのお皿で15枚くらいは焼ける分量になります。

ふっくらポイント1

お好み焼き粉に山芋入りって書いてあると思いますが、追加で長いもをすって入れます。そんなにたくさんじゃなくて大丈夫です。

天かすもなんでもいいです。

オタフクって書いていたら買っちゃいますよね。

材料が準備できたので焼いていきましょう。

ふっくらポイント2

小さめのボウルでも器でもなんでもいいですが、一枚分ずつ空気を入れながら軽く混ぜて焼きます。

お店で焼くのと同じ感じですね。

軽く混ぜて焼くだけです。

我が家はちょっとした大家族なのでホットプレートで焼きます。

父ちゃんは焼き係に専念する時間ですw

なので元気のある日しか、わりと作りたくないです。

あくまでも自己流ですので、本物はもっと違うんじゃいって意見はごめんなさいw

でもお店で出るようなのと大きくは変わらないんじゃないかなって感じで食べられます。

全然フライパンで作れるので少人数でも楽しめます

よくお好み焼きパーティとかやるんじゃないでしょうか?

このまま作ってもらえれば美味しく出来るので、お好み焼きパーティに引っ張りだこになりますよ。

お店で食べるのが一番おいしいですけどね、家でやるっていうのもワイワイして楽しいですよね。

やっぱり豚バラは美味しい

料理カテゴリの最新記事