看護師の身だしなみ

看護師の身だしなみ
Pocket

今日は看護師の見た目について考えて見たいと思います。

身だしなみ気を付けて

一応看護師はサービス業で客商売でしょうか?

商品を売るわけではないですが、あくまでも対象は人ですよね。

ではそんな時、見た目がどんな看護師だったら、嫌とかあるでしょうか?

一応接遇委員会というものがあって身だしなみの規定も色々あります。

髪型まで大きく決められていませんが、男性看護師ではスキンヘッドはダメと決まっていますw

まぁさすがにスキンヘッドはいないと思うんですが、ハゲてしまったりしたら仕方ないですよね。

ひげダメ

あとは髭もダメと決められています。

たしかに無精ひげはいけないかなって思います。

それでもあごひげ伸ばしている人がいたり、もみあげが長くなっている人がいたりと厳密には守られていないのが現実ですね。

私も意外とそういうの気になっちゃうのでなんだその髭っていっつも思っちゃいますね。

自分が患者だったら髭の看護師って嫌じゃないですか?

なので基本的には髭は綺麗に剃るように心がけていますが、脱毛でもしない限り青ひげ残っちゃいます。

あとは夜勤明けの朝にはさすがに伸びてきているのでここら辺がちょっと汚いなって思いますが、どうしようもないです。

お金があれば永久脱毛も良いですよね、髭剃りの手間が省けるのが良いなぁ。

茶髪ダメ

茶髪はうーん色によって悩みどころですけどあまりにも金髪に近いのはどうかなって思う程度でしょうか。

看護師って高校卒業して看護学校なり大学なりを卒業して就職になるので基本若い子からスタートですよね、なので少しくらいは別に茶色くても良いかなとは思いますがね。

考えたらどの職業でもそうか。

ほどほどの茶髪なら許容されるかなとは思いますが、どうしても目立つとお局に目を付けられるので、そうなった場合看護師を続けることも出来なくなる可能性もあります。

数年たって自分の仕事が出来るようになったら髪を染めても良いかなと思いますが、最初は黒め方が無難ですねw

それとは別に患者さんからの信用を得るっていう部分も考えなくてはいけません。

どうしても患者さん相手のお仕事なので、患者さんからどう思われるかっていう部分もありますね。

若いだけでも、この看護師出来るのか?っていう不安を与えるので、それに加えて見た目が茶髪でチャラい感じだと見た目でまず一線を引かれてしまいます。

看護師は距離感が大事になってきますので、いかに患者さんとの距離を詰められるか、どうしたら信頼関係を得られるのかっていう部分でも茶髪はお勧めできません。

それなんか考える必要ないほど、人柄が良くて、自信あふれる仕事が出来るのであればぶっちゃけ見た目なんて関係ないかなって思いますがね。

仕事自体には関係ない

結局は見た目なんて仕事内容にはあまり関係ないことが多いですよね。

まぁ若い子でチャラチャラしてて仕事上でもそんな感じっていう人も中にはいますが、全体的には関係のないことが多いです。

一部のそういう印象を与える人がいるので、全体的にそんな印象を与えてしまうのが日本ですよね。

海外とかだとタトゥーも普通だったり、見た目はあくまで個性みたいな感じで割と気にしてないですよね。

本当に日本は仕事に対して真面目過ぎます。残業に関してもそうですが、就業時間前に早く働いてもサービス、数分~30分くらいの残業も意外とサービスだったり本当に硬い頭の人が多いですね。

私も髪の毛はそこまで茶髪ではないですがツイストパーマをかけています。もともと天然パーマでくせ毛がひどいので手入れがとても楽なので数年前からパーマになりました。

流石に伸びて来てしまうとちょっと汚いので何とか2か月ごとには美容室に行くようにしています。

パーマをかける前は若いころはほぼ短髪で良くあるジェルで固めてツンツンヘアでした。

新卒で入った病院は今の病院と違ってそこまでうるさい病院では無かったのですが、それでも新卒で男性看護師で目立ってしまったいたのか、おばちゃん看護師からは髪の毛が患者さんに刺さるって言われたのは一生忘れませんw

いやいや刺さるって!刺さらねぇよ。硬いけど髪の毛だしって思っていましたが、適当にスルーして受け流していました。思えばこのころからアホとは関わらない方法を身につけていたのかもしれませんね。

やっぱり男性看護師ってちょっとしたことで目立ってしまうので、本当にいちいち気にしていたら精神がいくらあっても持ちません。

そんな経験をたくさんしながらなんとか看護師を20年続けました。もう嫌気がさしてきて体的にもこれから後20年以上も夜勤生活を続けるのは不可能だと思い現在のブログ・イラスト活動に繋がっています。

看護師カテゴリの最新記事