【台風の備え・停電対策】災害時の対策って大切

【台風の備え・停電対策】災害時の対策って大切
Pocket

台風19号が日本列島に迫っていますね。

過去最大と言われていて先月千葉県に大きな被害をもたらした台風よりも大きいということでかなりこわいですよね。

私は北海道なので、本当にすごい台風が勢力を保ったままっていうことはあまりないのですが、ニュースを見ていると怖いですよね。

停電の経験

去年の北海道の地震で我が家も3日間停電の被害を受けたので停電はとても怖いです。

我が家はオール電化なので特に電気がなくなるとお湯すら沸かせなくなるので、食べ物にも困ってしまいます。

ガスコンロ

そんな時にやっぱりガスが使えるっていざという時に安心できます。

ポータブルのカセットコンロはそんなに高くないので一家に一台は買っておくと本当に停電の時に何かと役に立ちますね。

食べ物もお湯さえあれば食べれるものもたくさんありますものね。

長期保存のきくアルファ化米。完全に保存食として常備しておくといざという時助かりますね。

私は病院勤務なので患者さんの非常食もたくさん病院に常備されていて、一応いくらかは職員のためにも常備されているようで、停電時の食事は非常食を何食か食べさせてもらうことが出来ました。

いざという時に強いのはやっぱりカップラーメンですよね。

お湯さえあれば何とか美味しく食べることが出来るし、最悪の場合水だけでも柔らかくなれば食べられます。

去年の停電の時には我が家にはカセットコンロがなかったので本当にひもじい思いをしましたが、そんな時役立ったのがキャンプ用品でもありました。

バーベキューコンロも役に立ちました。

台風で外がひどい時には使えないかもしれませんが、ある程度換気さえすれば玄関で使うことも出来ますよね。

去年は地震後の停電でしたので天気は問題なかったので玄関外で我が家は使いました。

正直鍋でご飯を炊いたことはなかったんですが、割と料理センスのあるここなつはw上手に炊けちゃいましたー。

隣でカレーを作り、停電でもカレーが食べられるだけで精神的には少しほっこりしました。

ガス自体どれくらい持つのかあまりわからず恐る恐る使いましたが、意外と長時間使えることが出来て準備しておけば何でも使えるんだなって実感しました。

まぁ最悪の場合庭さえあれば焚火でもなんとかなるかなって思いますが、火事とかにつながって二次災害が広がる可能性もありますものねやっぱりしっかりしたコンロがあると便利です。

水の確保

火の次に困ったのが水の確保でしたが幸いにも断水にはならずでしたので何とか大丈夫でした。

地震が朝方だったのでそこから起きて、まずは水の確保をと思ってお風呂を洗って、湯船に水をためました。

それだけでは不安だったので、外にプールを出して水を入れておきました。

トイレさえも電気がなければ流れなくなるので、そのための水には使うことが出来ましたね。

水道水も出なくなったら水分の確保も難しいので、水の保存も必要ですよね。我が家は4ケース程常備していますが、災害からだいぶたつと意識も薄れてしまって常備の入れ替えとかしてないのでだめですねぇ。

暖房

北海道はもう10月くらいから徐々に暖房が必要になってきます。

朝晩は特に冷えるので、日中は大丈夫でも、夜は暖房を入れてっていう生活が始まってきます。

そんな時期に停電って寒い地方では死活問題になってきます。

オール電化なので暖房も電気を使うんですよね。

その為灯油ストーブを準備しなくちゃなって思っているんですが、安いものではなくて中々買えずにいました。

普段使いはしないと思うので余計ですよね、本当に困らなければ買わないって悪い所ですよね。

以前の家ではオール電化ではなかったのでストーブはあったので、オール電化になると火が見えないせいか寒く感じちゃうんですよね。

室温的には24度とか維持するように調節しているんですがなんせ寒いと感じちゃいます。

それでももっともっと室温をあげればいいじゃんってならないのは上げすぎると本当に冬の暖房代が大変なことになるのです。

暖房だけで月に今でも冬は5万円を超えます。結構な出費なんですよね。

そんなことを気にしないで暮らせるようになると良いんですがねぇ、まだまだ生活には余裕があるわけじゃないのでいつかはそうなって妻を楽にさせたいですねぇ。

備えは大切

災害っていつ来るかがわかりませんので常日頃からの備えが大事なんですが、本当にしっかりと準備して定期的に入れ替えしてって簡単には出来ないんですよねぇ。

なかなか生活に余裕がないとそこまで出来ません。

しておいた方がいいのはわかりますが。

決して貧乏な生活ではないとは思うんですが、今すぐ必要でないものにお金を出すほどの精神的な余裕がないんですよね。

こんな生活をずっと続けてきていますので、それを改善したいと思って今の私の活動があります。

いつか芽が出ると良いんですが、何とか家族を幸せに出来るようにまだまだコツコツやっていきたいと思っています。

 

家族カテゴリの最新記事