【精神と肉体】体は正直です。

【精神と肉体】体は正直です。
Pocket

最近はちょっとやる気が減退してしまって、ブログも一応更新って形でやってますがなかなか気力が戻ってこないですね。

11月より新しい病棟へ異動となりまだ4日しか働いてないですが2日日勤と2日準夜勤とかなり過酷な勤務をこなしました。

4日働いたので少しは病棟に慣れてきましたが、たぶん相当な精神の消耗があるんだと思います。

今まではどんなに遅く寝ても8時とかには起きられていた。

しかし11月に入ってから、一応目は覚めているんですが、体が起きようとしてくれなくて布団から出られずにまた寝てしまってって時もありました。

まぁ日勤じゃなければ起きなくても良いんですが、なんせ朝活の時間が寝て過ごすともったいないって感じてしまうので後悔します。

本当にここ数年そんなことはなかったので、改めて体は正直なんだなって感じていました。

昨日と今日はお休みだったんですがだらだらと録画したテレビをみて過ごしました。

ブログもTwitterもイラストもそんなに作業感はなく出来ていたのですが、今思えば5月から休まずずっと続けてきたので、セルフブラック企業だったのかもしれません。

本業が休みでも他の事をずっとやっているっていう状態だったので、休みなく働いていたと同じですよね。

ブログの毎日更新は続けるとは思いますが、少し画面を見る時間を減らそうかなと考えています。

たぶん今の病棟にあと2週間もすればなれるはずですので精神も戻ってくると思うんですが今はちょっと家ではのんびりしたいって思うほうが大きくなってしまいました。

イラストのご依頼ももらっているので、それも描きますが、頑張っていいものを出せるようにしたいと思っています。

この活動を始めてからあんなに好きだったゲームも全くしなくなり、アプリのゲームをしている時間がすべてTwitterに変わりましたw

とにかく時間が気になってゆっくゲームも出来ないしやりたいゲームがなかったっていうのもあるんですがちょこちょこゲームする時間も取っていこうかなって考えてます。

今欲しいゲーム

5月から何もやりたいなっていうのがなかったのですが今月ちょっとゲームしたいなって思うようになったのが出ました。

デスストランディングっていうゲームですね。

これはもともとメタルギアソリッドを作っていた 小島秀夫監督 が出したゲームの様です。

メタルギアシリーズはおおはまりしてやりこんだゲームの一つですね。

今ではこの 小島秀夫監督 はコナミからいなくなってしまったのでもうメタルギアシリーズが出ることはないと思います。

まぁ違う人が作る可能性はあるでしょうがもう無いでしょうね。

デスストランディングはウォーキングデットに出ている俳優さんダリル役のノーマンリーダスが主人公として出るゲームです。

ウォーキングデットも始めの方おおはまりして一気にレンタルして見ていましたが今はシーズン9まで出ていますがだんだん最初の頃のワクワクがなくなってマンネリしてしまって私の熱も冷めてしまいました。

病棟での仕事がもう少し余裕出来てきたらゲーム買ってみようかなって思います。

新しい環境

このブログでイラストやTwitter・看護師の事以外を書くことは珍しいですね。

それほど現実が今辛かったのかなって思います。

決して病棟で意地悪されてるわけではないんですが、環境になれるまでになんせ時間がかかるんですよね。

これがアラフォーだからこうやって後輩も気を使ってくれてッていう環境なんですが、もっともっと若いときでみんな先輩ばかりだったらって思ったらゾッとしますね。

病棟の空気も全然悪くないんです。

むしろ前の病棟よりみんな楽しそうに仕事しています。

普段がきっと忙しいからそれなりにみんな仲良くしていていい環境なんだなって思います。

ただ残業がもともとひどいと聞いていたので、その部分はどうにかして私は帰れるようにはしたいなって思います。

4日しか働いていないのでわからないですが、若干私語が多く感じ、夕方申し送り終了してからの業務が気を抜いているのかダラダラ仕事している感が否めないなって感じてました。

まだまだ来たばかりでそのことについてはもうちょっと見てから変えられる部分は絶対に変えた方がいいと思っているので時期に取り組んでいきます。

前の病棟ですっかりマンネリして看護師ももういいなって思っていたのに新しい環境に行くことでまたもう少し頑張れそうってなるようですね。

まぁ副業でしっかり稼げたらそんなことも思わないんでしょうが、まだ現状そこまでいってないので、本業をどうにかする必要はあるので仕方ないですね。

最初は辛いのは何でも一緒ですよね。

それをいかにどうやって自分の実にするのかが大切だと思うので、嫌だいやだとなげいていないでもう少し頑張りたいと思います。

看護師カテゴリの最新記事