送別会で思うこと。

送別会で思うこと。
Pocket

先月までお世話になっていた病棟に送別会をしていただきました。

総勢27名も出席していただき、久しぶりに楽しく飲むことが出来ました。

やっぱり長年働いてきた環境の人たちとの飲み会ってやっぱり楽しいですよね。

本当に気を使わないくらいの仲良しの病棟だったので異動となり残っている人たちも寂しがってくれていました。

病棟の飲み会ってお医者さんも来てくれて、それぞれが普段出来ないような話も気楽にするっていうのが良い所かなって思っています。

今の若い子は職場での飲み会なんて楽しくないから参加しないっていうお話もよく聞きますが、普段からしっかりと仕事上でもコミュニケーションをとることが出来ていたらそうならないんじゃないかなと思います。

やみくもに上司が常に偉そうだとか、空気を読めないセクハラするおやじだとか、そんな感じだったら飲み会なんか行きたくないのは当たり前ですよね。

あくまでもその勤務した場所の空気感によるとは思います。

上司だって自分の娘のような子と飲んだって楽しいとはならないのかな?

看護師はどうしても女性が多い職場ですから、おやじ上司はあまりいないのでいいのかもしれませんね。

お医者さんの中にはやっぱりセクハラっぽいなって感じるお医者さんもいますので注意が必要です。

あとは普段お局が後輩とどのように関わっているかのよって参加人数が変わってきますよねw

あの人行くならやめるとか、あの人と飲みたいからいくとかよく聞きますものね。

やっぱり仕事以外で気を使いたくないっていうのはもちろんありますよね。

前いた病棟では割とそんなようなお局さんがいなかったのですが年々勤務異動によって入れ替わりがあり最近はお局が増えてきましたw

本当に病棟で楽しく働くって一緒に働く人によるんですよね。

そこが当たりはずれ大きいのが怖い所ですね。

まぁ看護師だけではないと思うのですが、看護師はいつまでも同じ病棟で働く事ってないと思うのでまずは配属されたときの他の人の配置によって成長する難易度が変わりますね。

嫌な人が多ければもしかしたら退職に追い込まれるかもしれないですし、良い人がしっかりと担当してもらえれば順調に成長していける。

本当に看護師の闇は深いですねw

昨日の送別会では私が9年と長くいたため、もう今は異動していなくなってしまったスタッフも4名程参加してくれました。

最近は病棟の飲み会が本当に少なくなっていたのですが4~5年前には毎月のように看護師とお医者さんとって飲み会をしていました。

やっぱりそれがコミュニーケーションをとる良い方法だったなって思います。

その当時の仲良くしていた人が異動してからも関りがあって時々飲み会に来たりしてと良い関係を築けています。

人生の中で職場の人と飲みに行きたいっていう関係が出来るのって本当に数人だと思うんですよね。

お互いが気を遣わず好きなことを言いあって、でも喧嘩にはならず、不快にならない。

本当に前の病棟では良い関係を築けていたんだなって再認識しました。

やっぱり異動しても必要とされているってことは嬉しいことですよね。

それだけ自分がやってきたことが、少なからず認めたもらえた。

後輩指導

ちょっと若い子には嫌な思いをさせたこともあるとは思います。

10年前と今では本当に後輩の育て方っていうのが変わって来たなって感じています。

自分が入ったころはまだ厳しくばんばん指導していくっていう空気だったのですが、今はもうそれじゃあ育たなくなって来ています。

育たないというより、厳しく言ったところで響かない。

周りがどんなに指導しても厳しくいっても変わらない。

とにかく自分の関わり方が間違いでなければ、環境や場所が変わったって飲み会に参加したいと思える。

そこで間違いはなかったんだなって思いますよね。

また新しい環境でそういった関係を築けるように頑張っていきたいなって思いますね。

やっぱり看護師はストレスがたまるお仕事。

少しでも楽しいと思えることがないとやっていけないです。

現に看護師20年ですが正直いつでも辞められる環境であればやめたいですw

しかし家族のために働かなくては行けないので頑張っている現状です。

少しでもストレスが軽減できるような環境を作っていけたら良いですねぇ。

看護師カテゴリの最新記事