子供の睡眠時間

子供の睡眠時間
Pocket

今日は子供の睡眠時間についてです。

子供の睡眠時間の理想ってありますよね、理想が本当にいいのか悪いのかわかりませんが、一応望ましい時間が決まっているようです。

引用元:「必要と考えられている人間の年齢別睡眠時間(2015 米国国立睡眠財団公表)」
早寝早起き朝ごはんで輝く君の未来~睡眠リズムを調えよう!~(文部科学省)冊子

睡眠は大切

睡眠時間って人間で活動していくためには大切ですよね。

眠くて無理して起きていたって効率が悪いですよね。

子供の成長にはきっと密接な関係もあるでしょう。

みなさんのお子さんは何時くらいに寝るのでしょうか?

まぁ年齢によってもちろん違うと思いますが、小学生では9時くらいには寝せてあげたいかなとは思っています。

自分が小学生の頃は、あまり夜更かししていた記憶がないですね。成長するにつれてドラマとかを見ていた気もしますが10時には寝ていたように思います。

母は専業主婦だったので、すべて学校から帰ってきてやらなくてはいけないことをスムーズにこなせていたからだとは思います。

我が家は共働きのため、仕事終わって帰ってきてからが本当に戦争です。

私が三交代のため、家にいる時も多いのでその時は良いですが、準夜勤や日勤で遅いときは本当に妻は大変だと思います。

仕事が6時くらいに終わって買い物して帰った来たらすでに7時近くで洗濯機を回しながら、洗い物をして、ご飯支度をする。そんなことしてたらもう8時ですよね。

子供たちが大きくなってきて一人でお風呂に入れるようになってきたから、準備している間に入ってもらえば少しスムーズにいきます。

そして夕飯を食べたらもう9時近くです。はっきり言って平日は子供と何かしてあげる時間がないです。

正直妻を専業主婦にしたいって考えはそこが一番なんです。

妻も毎日大変な思いして家事育児をこなさなくても良くなるし子供たちとゆっくりと関わってあげられる時間が出来る。

子供たちのためには母親は家にいるっていうのが私の理想でした。

しかし私の稼ぎが十分ではないために妻も働いてくれています。

節約生活をすれば私の稼ぎでもいけるのかもしれませんがそれも嫌なのですw

私にもっと稼ぎがあれば妻も子供たちももっと楽に幸せになれるのかなと考えてました。

もう少し早く今の活動を始めていたら良かったのですがまぁしょうがないですね。

とりあえずどうなるかはわからないのですが、まだまだ続けていきます。

もうすぐブログも7か月毎日更新になりますしね。

我が家の就寝時間

そんな生活を送っているので普段子供たちは早くて9時半遅いと10時過ぎてしまいます。

小学5年生はまぁ良いかなと思いますが、小学2年生はちょっと足りないかなと思ってます。

私が日勤でも残業がないと良いんですが、そんなことはほとんどありません。

早く帰ってこれると料理は私が担当するので、その時間妻に少し余裕も出来ます。

子供たちの話もゆっくり聞いてあげられます。

正直今の生活が良いとは思ってないですが、しょうがないとしか言えませんね。

その分私は家にいる時はあふれる愛を子供たちに注ぎます。

望ましい時間の表的には2人とも2時間前後睡眠時間が足りないことになります。

睡眠時間が足りていたら朝すっきり起きてくれるのでしょうか?

上の子は割とすんなり起きれるのですが、下の子は中々起きるのが苦手なようで、私と一緒に起きますが起きれるまでに10分はかかってしまいます。

朝の10分って結構貴重なんですよね。

本当ならすっきり起きられると良いんですがなかなか睡眠時間も少ないしかわいそうかなと思っちゃいますね。

何かすっきり起きられる方法があれば何でも試したいですね。下の子は睡眠不足のはずなんですが、眠れるまでにも結構時間がかかることがあるので起きれないのはそのせいも考えられます。

眠れるまで前までは一緒に寝室に行って一緒に横になっていたんですが、それだと私が眠ってしまうんですよねw

寝てしまうとすごい時間が損した気分になってしまうので、最近は初めだけ着いていって寝せるようにしています。

子供はいつから夜目が覚めるようになるのでしょう?

大人になると朝までぐっすりって事があまりないですよね、必ず途中で目が覚めて寝がえりをしたり、子供に布団をかけたりします。

本当に子供って夜中には起きないですね。顔を触っても、寝相を直しても起きません。

大人になったら危機を感じて起きるんでしょうかねw

たまにはぐっすり寝てみたいですね。

家族カテゴリの最新記事